学ぶ 読書など

人生で一番影響を受けた3冊の本とその教訓

アルケミスト 夢を旅した少年
(パウロ・コエーリョ:著)

夢を追い求める勇気が、どれだけ人生を豊かにするか。
『アルケミスト』が、その答えを教えてくれます。

 

『アルケミスト』のあらすじ

夢に導かれた少年サンチャゴは、自らの羊を売ってエジプトのピラミッドへの冒険へ出発。
アンダルシアの広野から砂漠を渡り、不思議な老人や錬金術師と出会い、別れを経て、人生の教訓を積み重ねる。
"前兆に従い、心の声を聞く"彼は学ぶ。
そして、"強く願えば、宇宙全体がその実現に協力する"とも。
長い旅路を経てピラミッドに到達したサンチャゴがそこで見つけたものは、想像を超えた愛と勇気、そして人生の真実。

 

こんな方におすすめ

  • 夢追い人: 自分の夢や目標に向かって突き進む勇気がほしい人。
  • 舞台芸術関係者: 舞台や演劇に関わる人で、生活とアートの狭間で挟まれた感じがする人。
  • スピリチュアル好き: 宇宙の法則や運命、意味に興味を持っている人。
  • 旅好き: 体でなく心での旅を楽しみたいと考えている人。
  • コミュニケーションマスター: 人との深い繋がりや多角的な視点を持ちたいと思っている人

 

はじめに:私が舞台で学んだこと

舞台俳優として活動していた頃、生活自体は厳しかったです。
具体的には、風呂なしトイレ共同の4畳半オンボロアパートに住みながら、まるでドラマのようなコミカルな生活を楽しんでいました。

同じような生活をしている仲間たちと安い発泡酒を飲みながら、演技や人生についてあれやこれや語り合ってきたのです。
そして、観に来てくれたお客さんからの温かい拍手や、

明日からがんばろうと思えました!
観に来てよかった!ありがとう!

と言ってもらえたときの嬉しさは、言葉にできないほどでした。

それでも、その狭い舞台が私の全てで、そこで「演じること」や「一緒に何かを作ること」の楽しさと奥深さに魅了されていました。
そんな中で『アルケミスト』と出会い、この狭い舞台が実は広い宇宙とつながっていることに気づきました。

 

私の気づき:舞台と『アルケミスト』の交差点

この本を読むと、舞台での経験がどれほど人生に影響を与えているかを感じました。
ここで得たコミュニケーションスキルや洞察は、私の人生に計り知れないほどの影響を与えています。

 

名言5選:その解釈と洞察

「人は自分の夢を実現する準備ができている。どんな夢でも。」

つまり、夢があるなら、それを叶えるチカラは既に君の中にあるんだよ。

まずは夢を持つことが大事。それがスタートライン。夢を叶える“装備”はすでに君が持っているから、後は行動するだけ!

「心が夢を望む限り、人はどんな夢でも実現できる。」

心の中で「これがしたい!」って強く思えば、それが現実になる可能性が高いんだ。

強く願って、心の矢印を夢に向ければ、人生のGPSがその方向にルートを教えてくれるよ。

「人生とは自分がどれだけ夢中になれるか、その程度を試すための旅なのだ。」

人生って、何にどれだけ夢中になれるかが試されるゲームみたいなもの。

何か一つでも夢中になれるものがあれば、そのエネルギーは他の面でもポジティブに作用するんだ。

「進むべき道があるならば、全宇宙はその達成を助けるために協力してくれる。」

君が本当に何かを達成したいと思えば、宇宙も君を手助けしてくれるよ。

目標に向かっていると、なぜかいいことが起こることが多い。それが、宇宙のサポートってやつさ。

「過去は変えられない。未来はまだ手に入れていない。しかし、今ここにあるこの瞬間を最善を尽くして生きることができる。」

過去はもう変わらないし、未来もまだ来てない。だけど、今この瞬間はコントロールできる。

「今」を大切にすることで、未来もポジティブな方向に進むよ。だから、今この瞬間を楽しもう!

 

まとめ:舞台経験と『アルケミスト』から学ぶ人生の教訓

『アルケミスト』と舞台で学んだ教訓は、目的意識を持つこと、勇気を持って行動すること、そして何より「人生で最も大切なのは、見えない何か」であるということです。
舞台で「演じる」ことから、人との深いコミュニケーションや多角的な視点を学びました。
そして『アルケミスト』は、それをさらに一層深め、広げてくれました。
この2つの異なる経験が、一つの大きな教訓として私の人生に彩を添えています。

<追記>
多くの人が『アルケミスト』を読んで「自分の人生とオーバーラップした」と感じています。
これが、人々にとって自分の人生の旅をより楽しみ、愛おしく感じるきっかけになるのです。
私が「良質な本」と考える条件は、まさにこのような感情に繋がるものです。


アルケミスト 夢を旅した少年

PR

人を動かす (デール・カーネギー:著)

社会人デビューの救世主

 

名作の真骨頂:普遍的な「原則」

「人を動かす」は不朽の名作と言われ、その理由は本書で紹介されている「原則」が普遍的であるからです。
これはビジネスマンだけでなく、教育者やクリエイター、医療従事者に至るまで、幅広い職業の方々に役立つ内容となっています。
例えば、「相手の成功を願うこと」や「批判せず、非難しない」など、シンプルだけど深い教えが詰まっています。

 

こんな方におすすめ

  • コミュニケーションでつまずいている人
    「人を動かす」では、他人とどのようにうまくコミュニケーションを取るかが丁寧に解説されています。
    職場で人間関係に悩んでいる、あるいは友達作りが難しいと感じている方には、まさにバイブルです。
  • リーダシップを発揮したい人
    この本は、チームをうまくまとめたり、人々をインスパイアする方法についても触れています。
    リーダーになりたい、あるいはもう既にリーダーでさらにスキルを磨きたいと思っている人にも、とても参考になるでしょう。
  • 自己啓発が好きな人
    「人を動かす」は、単に他人との関わり方だけでなく、自分自身を高めるアドバイスも豊富です。
    毎日少しずつ成長していきたいという方には、この本は欠かせない一冊と言えるでしょう。
  • サービス業・販売・教育・医療従事者
    この本はビジネスマンだけでなく、教育者やクリエイター、医療従事者に至るまで、幅広い職業の方々に役立つ内容となっています。
    人との関わりが多い職業に就いている方には特にオススメです。
  • 矢沢永吉さんのファン
    えーちゃん(矢沢永吉さん)が愛読しているというだけで、この本に興味を持つ人も多いでしょう。
    音楽とは違う角度から、えーちゃんがどのように人々を引き込むか理解する一助になります。

 

新米社員のリアル:プレッシャーと驚きの連続

高校を卒業してすぐ、某大手飲食チェーン店で働き始めました。
アルバイトの経験が全くない私には、周囲の人たちがどれだけ素晴らしい働きをしているのか、衝撃的でした。
特に、同じ年代の人たちのおかげでお店の営業が素晴らしく機能しているのには驚きました。
その中で、新人でしかも正社員という立場は、正直プレッシャーでした。
仕事できない自分が、みんなの足を引っ張ってしまうんじゃないかと不安でした。

 

運命的な出会い:「人を動かす」

しかし、その状況でも「アルバイトの皆さんが楽しいと感じる職場を作れたらいいな」と常に思っていました。
そんなある日、ビジネス書コーナーで運命的に「人を動かす」に出会いました。
この本を勧めてくれたおじさまには、今でも感謝しています。

 

実践と成果:相手の心に寄り添う力

この本は、人とのコミュニケーションにおいて非常に重要な原則が書かれています。
特に印象に残ったのは、「相手の関心のありかを見抜き、その関心に誠実な関心を寄せる」という部分です。
このテクニックを使うことで、職場での人間関係は劇的に良くなりました。
具体的には、アルバイトの皆さんが開いてくれたり、より円滑に仕事が進められるようになったのです。

 

日本でも愛されている:えーちゃん(矢沢永吉)の座右の書

この本は日本でも多くの人に愛されています。
実は、えーちゃんこと矢沢永吉さんの座右の書でもあるんですよ。
そんな偉大な人物が参考にしているだけあって、この本の価値は計り知れません。

 

まとめ:「人を動かす」、一生の教科書

「人を動かす」は、どんな年齢、どんな状況でも役に立つ一生ものの教科書です。
この本に出会えたことで、私は社会人としてだけでなく、一人の人間としても大きく成長できました。
えーちゃんが愛読するくらい、この本は多くの人に影響を与えています。
それだけに、私がこの本に出会えたことは、真にありがたいことだと感じています。

<Amazonでの熱いレビューが証明するその価値>
この本がどれだけ影響力があるか、Amazonなどのレビューを見れば一目瞭然です。
「本が付箋だらけになった」「100回は読んだ」「大事な箇所は書き写すほどの愛読書」といった熱いコメントが次々と寄せられています。
だからこそ、この本には一度読んだら忘れられない、人生に役立つヒントがたくさん詰まっているのです。


人を動かす 文庫版

PR

サラとソロモン~少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
(エスター・ヒックス:著)

幸せを感じる力を取り戻す魔法の一冊

『サラとソロモン』のあらすじ

平凡な少女サラの日常が一変したのは、賢いふくろう、ソロモンと出会った瞬間から。
サラはかつて、家庭や学校で問題ばかり探していて、「苦しみの鎖」に繋がれていた。
しかし、ソロモンの教えによって「幸せの流れ」へと心の舵を切り始める。
この賢いふくろうとの対話を通じて、サラは人生を豊かにする宇宙の法則を再発見。
その結果、毎日が格段に生きやすくなる。しかし、そんなある日、意外な出来事が起きて…。

こんな方におすすめ

  • ポジティブなエネルギーがほしい人

     この本は、ネガティブな感情をポジティブなものに変える方法を教えてくれます。
    何かと困難な日々を乗り越えたい人には最適です。

  • スピリチュアルな視点に興味がある人

     宇宙の法則や引き寄せの法則について、深く考えたい人にはこの本がぴったり。
    スピリチュアルなテーマが豊富に盛り込まれています。

  • 日常生活の小さな幸せを見つけたい人
    幸せって結局のところ、日常の中にひそんでいるもの。
    その「小さな幸せ」を見つけたいと思っている人に、この本は新しい視点を提供してくれるでしょう。
  • 自己啓発が好きな人

     心の持ち方一つで人生が変わるという点は、自己啓発マニアにはたまらない内容。
    人生をより良くするためのヒントがいっぱいです。

  • 何か新しいことを始めたいと思っている人

     この本は、新しいスタートを切る勇気をくれます。
    何か新しいことを始めたい、でも一歩が踏み出せないという人には、思い切り背中を押してくれる一冊です。

 

 

ふんわりした「いい気分」の奥に隠された力

「いい気分でいること」って、一見、ふんわりとした単語に感じますよね。
でも、このシンプルな言葉が、日々を楽しく、満ち足りたものにするための鍵だったんです。
この本「サラとソロモン」を読んで、自分が日常でどれだけ周囲の出来事に反応してばかりいるかに気づきました。
でも実は、自分で感じ方は選べるんですよ。
それに気づいた瞬間、パワーがみなぎってきます。

 

引き寄せの法則の本質:感じること

引き寄せの法則がうまくいく、いかないといった議論って、頭で考えすぎているだけなんです。
この本では、登場人物と一緒に「感じる」ことができて、「ああ、そういうことか!」と心から納得できます。
この本に込められた叡智には、文字通り鳥肌が立つほどワクワクしました。

 

世界はすでに美しい:気づいてなかっただけ

ふとイライラしていると、さらにイライラする出来事が起きますよね。
でも、「世界は美しい」「世界は優しい」と一日中そんな風に感じることを意識すると、素敵な出来事がどんどん引き寄せられます。
それらは実はもともと存在していたんです、ただ気づいていなかっただけ。

 

実体験:小さな奇跡の瞬間

俳優時代、演技の授業で急遽脚本を書くハメに。
でも、「これはイケる」という確信がふと湧いたんです。
疑念を捨て、メンバーも観客も笑顔でいるシーンを心に描き、その喜びを先に体感。
するとバン!全員が輝く役とセリフが頭に浮かび、脚本完成。
結果、メンバーも「今回が一番楽しかった!」と大満足。
さらに最優秀賞までゲット!
この一連の出来事が起こったのは、感じたい感情を先に感じたから。
まさに宇宙の法則が働いた瞬間でした。

 

まとめ:自分の心が変われば、世界も変わる

この本を読んで一番心に残ったのは、心の在り方一つで、私たちが日々感じる幸福やストレス、さらには人生そのものが変わるということです。
サラがソロモンから学んだように、自分の心をポジティブな方向に持っていくことで、人生が劇的に良い方向へシフトする可能性が広がる。
そしてなんといっても、それが「宇宙の法則」と繋がっている点が圧巻です。
するとバン!毎日がもっと生きやすく、楽しくなる。
ぜひこの本を手にとって、自分の心がどれだけ強力なツールであるかを再認識してみてください。

 

おまけ:「引き寄せの法則」で願いを実現する4つのステップ

 

step
1
欲しくないものは何かを考える

まず、自分が本当に求めていないもの、避けたい状況を明確にします。
これがスタートラインです。

step
2
欲しいものは何かを考える

次に、自分が実際に欲しいものや達成したい目標を具体的に考えます。

step
3
欲しいものが手に入ったらどんな感じがするかイメージする

このステップが鍵。
頭で考えるだけでなく、感情レベルでそれが叶った瞬間の感動や喜びを体全体で感じます。

step
4
願いが実現する

ここまで来たら、あとは現実にそれが叶うのを待つだけ。
もう手に入れたも同然です。

 

重要ポイント:「イメージする」って?

ここでいう「イメージする」は、ただ頭の中で描くだけじゃなく、実際にその感情を「感じる」までが大事。
感じたことが現実になる力があります。

 

追加エピソード:羽生結弦さんのオリンピック前夜

2014年ソチオリンピックへの飛行機の中で、羽生結弦さんはすでに感動して泣いていました。
彼はイメージの中で最高の演技をし、金メダルを手にしていたのです。
なんと、彼は後で「飛行機の中でイメージしすぎて、飛行機のほうが感動しちゃいました」とコメント。イメージの中での喜びが、現実のそれを上回るほどだったんです。
これはまさに「引き寄せの法則」のパワーと、その「感じる」重要性の生きた証拠ですよね!

<友人にこの本を薦めたら・・・>
「興奮しすぎて、立ち上がって歩きながら読んじゃった!!」と言っていました(笑)
どれだけ興奮していたのか伝わりすぎて、大笑いしてしまいました!!


サラとソロモン ― 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

PR

-学ぶ, 読書など