学ぶ 読書など

読書のススメ:私が毎日読む理由とその効果

なぜ読むのか:"心を揺さぶられた"瞬間、そしてその出発点は本

初めて心底揺さぶられた本は「にんげんだもの」

読書との出会いは、多くの人にとって意義深いものですよね。
私が初めて心底揺さぶられたのは、高校3年生の時。
その「衝撃」がきた本は、相田みつをさんの「にんげんだもの」でした。

家に何気なく置かれていたこの本、父が結婚式の引き出物で手に入れてきたものでした。
特にこの種の本には興味を持っていなかった私が、その日何故か手に取った瞬間、何かが変わりました。

相田みつをさんの独特の字体に引かれ、言葉に触れてみると・・・
何とも言えない心の響きを感じました。
愛と洞察に溢れたその言葉で、「世の中にはこんな素晴らしい本がたくさんあるんだ!」と目が覚めたんです。

この「心を揺さぶられた」瞬間から、いろんなジャンルの本に手を伸ばし、自分自身が成長できたと感じています。
言葉が持つ力で、人生が豊かになる瞬間に出会えたのも、あの日、あの本との出会いがあったからです。
これからも、そのような心を打つ一文に出会うために、定期的に本屋さんで新しい冒険を始めます。

読書の神秘:心も頭も、そしてコミュニケーションも豊かに

読書の目的、皆さんはどのように考えていますか?

簡単に言えば、それは心と頭、そして人とのコミュニケーションを豊かにする魔法のようなものです。
ちょっとドラマチックかもしれませんが、本当にそう思います。


心に余裕が生まれる

本を開くと、何かと忙しい日常から少し離れて、心の中にスペースが生まれるんですよ。
自分だけの時間を過ごして、何か新しい視点や発見に出会える。
それって、まるで心に新しい風が吹き込んできたような気持ちがするんです。


知識が増える、世界が広がる

知識ってのは、一言で言うと「視野を広げる燃料」ですよね。
新しい知識が増えることで、世界がどんどん広がっていきます。
例えば、科学書を読んだら、宇宙や自然について新しい視点で考えられるようになります。


本屋巡りの楽しさと、現物の本の魅力

オンラインでもいいけど、実際の本屋に足を運ぶと、その場の雰囲気や、手に取る感触がまた違って感じられます。
Kindleもいいけど、ページをめくる感触、そしてその重み。
これがまた、読書の楽しみを一層高めてくれます。


コミュニケーションが豊かに

読書で得た知識や視点を使って、人と話すと、コミュニケーションがぐっと豊かになります。
相手も、「この人、何かと面白いことを知ってるな」と感じるでしょう。

読書術:最高の"読書空間"で心地よくページをめくろう

おうちでの読書、集中するのは少々厳しいですよね。
でも安心してください、集中できる最高の読書空間を作る秘訣は確実に存在します。


飲み物は手元に


まずは、何もかも忘れられるお気に入りの飲み物を手元に置きましょう。
紅茶、コーヒー、緑茶、またはただの水でもOK。
心地よく感じるものを選べば、集中力がアップします。

30分ごとのストレッチ
長時間座っているとどうしても疲れてくるので、30分ごとに短いストレッチを取り入れましょう。
ちょっとした身体の動きが、心地よさを感じるポイントです。
私は30分ごとにランブルローラーで背中をマッサージしています。
一気にリフレッシュしますよ!

音楽とのコラボ

読む本に合わせた音楽をかけると、その世界観により深く浸れます。
例えば、歴史物の本を読むならクラシック、サスペンスならダークなトーンの音楽が合います。

読書グッズも大事

私の場合、iPadminiでKindleを読んでいますが、MOFTのようなスマートフォンやタブレットのスタンドがあると、手が疲れずに済みます。
座り姿勢も自然と良くなるので、長時間の読書にも最適です。

集中できるカフェを見つける
家で読書するのもいいけれど、たまには気分転換に外に出かけてみましょう。
事前に集中できるカフェをリサーチしておくと、新しい環境で新たなインスピレーションが湧いたりします。
カフェの落ち着いた雰囲気とおいしいコーヒー(または紅茶)が、あなたの読書をより一層楽しいものにしてくれるでしょう。

挫折を乗り越えるコツ:完璧主義を捨てよ

日本では、読書を習慣にしている成人は約40~50%です。
しかし、読書に挫折する一番の理由が「時間がない」と多くの人が言います。
そこでおすすめしたいのが、完璧主義を捨てて"つまみ食い"から始めること。


試し読みを活用する


Amazonや他のオンライン書店で「試し読み」という機能があります。
最初の数ページを読んでみて、自分に合っているか確認できます。


15分から始める


毎日1時間も2時間も読むのは大変ですよね。
最初は15分だけ読むという小さな目標を設定しましょう。
それだけでも1ヶ月で約7時間の読書ができます。


気軽な本からスタート


難解な哲学書から始めるより、読みやすいエッセイや小説から手を付けるのも一つの方法。
楽しさを知って、次第にレベルアップしていくのがいいですよ。


目次や要約を読む


時間が限られているときは、目次や要約を先に読むことで、本の大まかな内容を把握しましょう。

読書は長いマラソンではなく、気軽なウォーキングのようなもの。
少しずつでも前に進んでいれば、挫折せずに楽しく続けられますよ。

最後に:読書、それは長い人生の良き友

読書が与えてくれるものは、ただの楽しみ以上です。人生の質そのものが上がりますよ。


記憶力・集中力アップ


読書は、脳トレにもなるんです。
しっかりと文章を読むことで、記憶力や集中力が自然と高まります。


ストレスの軽減


読む過程で、ふと現実を忘れてしまう瞬間がありますよね。
それが、ストレスを減らす効果もあります。


語彙力の増加

読書を通して新しい言葉や表現に出会えば、それが人とのコミュニケーションを豊かにしてくれます。
言いたいことを、もっともっと具体的に伝えられるようになります。


感情の共有


「楽しかった」と一言で言うより、具体的な言葉でその感情を表現できたら、その喜びも二倍、三倍になりますよね。


長生きの秘訣

なんと、読書をする人は長生きする可能性が高いとも言われています。
心が豊かでいれば、健康も維持しやすくなりますね。

あなたの「良き友」となる一冊を探しに行きましょう!
読書は、ただの過ごし方ではなく、心と人生を豊かにする素晴らしい旅です。
その旅で出会う一冊一冊が、あなた自身を形作り、他人との関わり方にも影響を与えています。
読む本を選ぶその瞬間は、実はとても特別なんですよ。

さて、何を読もうか迷ったとき、どんなジャンルやテーマが心に響きますか?

それは、どのようにあなたの人生や周囲との関わりに影響をもたらしていますか?

新しい一冊に出会う楽しみは、今すぐ始めても遅くはないですよ。

次に何の本を読みますか?

-学ぶ, 読書など