学ぶ 読書など

「教えるつもり」で学べ!知識を定着させる魔法の方法

みなさん、こんにちは!
今回のテーマは「インプットとアウトプット」の不思議な関係性です。

我々は日々、さまざまな情報を学び取ります。
それを「インプット」と言います。
しかし、その情報をどれだけ吸収できるか、それは「アウトプット」する意識の有無に大きく左右されるのです。

私の経験から言うと、たとえば、面白い本を読んだ時。
ただ楽しんでページをめくるだけでも十分楽しいのですが、その内容を友人や家族に伝えたいと思った時、どうすればわかりやすく伝えられるか考えることで、その本をより深く理解しようとする心が生まれます。
結果、ただ読むよりも情報の吸収率が驚くほど高まります。

仕事の場面でも同じことが言えます。
新人の頃、私は先輩から仕事の手ほどきを受けました。
その際、「いずれ自分が後輩にこの仕事を教える立場になるかもしれない」という視点で学ぶことで、ただ教わるだけでなく、なぜその手順が必要なのか、背景や理由も同時に深く理解することができました。

このような経験をもとに、私は「アウトプットするつもりでインプットする」という意識が、あらゆる学びにおいて非常に有効であると確信しています。
そして、その背後にある理由やメカニズムを、今回の記事でみなさんと共有したいと思います。

アウトプットする意識でインプットするメリット

 

皆さんは、情報を学び取る際、「これをどうやって他の人に伝えるか?」と考えたことはありますか?
実は、この一つの考え方が、情報の吸収率を格段に向上させる鍵となっています。

 

情報が定着しやすくなる理由

「アウトプットするつもりでインプットする」という行為は、脳に情報を深く定着させる手助けをしてくれます。
なぜなら、単に情報を受け取るだけでなく、その情報をどう伝えるか、そしてその情報が他の情報とどのように関連しているのかを考えることで、脳は情報をさまざまな角度から整理し、関連付ける作業を始めます。
これにより、情報が単なる知識としてではなく、実際に使える「知恵」として脳内に保存されるのです。

複数の視点から情報を取り入れることの重要性

アウトプットのためにインプットをする時、自然と情報を複数の視点から見るようになります。
例えば、自分が理解しやすい言葉での説明、他者が理解しやすい視点での説明、図やスキーマを使った説明など、さまざまな方法で情報を再構築します。
この多角的なアプローチが、深い理解を生む土壌となります。

アクティブラーニングとの関連性

近年教育界で注目されている「アクティブラーニング」。
これは、受動的に情報を学ぶのではなく、能動的に情報を吸収・整理・発信する学習法です。
アウトプットする意識でインプットする行為も、このアクティブラーニングの一部と言えるでしょう。

能動的な学びは、単なる知識の蓄積だけでなく、その知識を活用する「スキル」の向上にも繋がります。
総じて、アウトプットするつもりでインプットすることは、情報の質を高めるだけでなく、情報をより実践的に、そして持続的に利用する能力を高める素晴らしい方法です。
この意識を持つことで、学び取る情報が真の意味での「知識」となるのです。

読書を例に アウトプットのパワーを実感する

私たちは日常的に多くの情報や知識に触れますが、特に読書はその中でも豊富な知識や新しい視点を提供してくれる素晴らしいアクティビティです。
しかし、一冊の本を読み終えた直後にどれだけ内容を正確に思い出せるでしょうか?

自分なりのレビューや要約を書く習慣

一冊の本を読み終えたら、その内容を自分の言葉で要約したり、感想やレビューを書く習慣を持つことは、アウトプットの最良の例です。
これにより、内容を更に深く理解し、後で振り返った時にも鮮明に思い出せるようになります。

実際に、「本の要約チャンネル」というYou Tubeチャンネルが存在します。
気になっている本の内容を短時間で、しかも分かりやすく要約してくれるこのチャンネルは、多くの方に支持されています。
運営者は一冊の本の中身をあれだけわかりやすく伝えるため、深くその内容を理解していることが伺えます。
私自身もこのチャンネルをよく視聴しており、いつも運営者の深い理解力に感心しています。

後でのリフレッシュや他人へのオススメ時に役立つ

また、自分の言葉で要約やレビューを書くことは、後でその本の内容を思い出す際の助けにもなります。特に、友人や家族にその本をオススメする際、自分の言葉で要約した内容を元に、その魅力を伝えることができるのです。

読書はただの情報のインプットでは終わらせず、積極的なアウトプットをすることで、その内容を自分のものとして確実に身につけることができるのです。

人生で一番影響を受けた3冊の本とその教訓

アルケミスト 夢を旅した少年 (パウロ・コエーリョ:著) 夢を追い求める勇気が、どれだけ人生を豊かにするか。 『アルケミ ...

続きを見る

趣味やスキル習得を例に「教えるつもり」での学びの力

新しいことを学ぶ、それは私たちにとって刺激的で楽しいもの。
特に新しい趣味やスキルを習得する時、その楽しさと共に「どうやったら上手くできるようになるか?」という疑問が浮かびます。

「教えるつもり」の意識

この疑問に対する一つの答えは、「教えるつもりで学ぶ」という意識を持つことです。
新しい技術や知識を習得する際、自分が将来誰かにそのスキルを教えると想像して学ぶことで、自然と深い理解を求めるようになります。

たとえば、新しい楽器を学ぶ時に、単に音を出す方法だけを学ぶのではなく、「これを他の人にどう教えるか?」と考えながら練習すると、技術の裏側やその原理にも関心を持つようになります。

上達への近道

この「教えるつもり」の意識が、実際にどのように上達につながるのかと言うと、その背後には深い理解と実践の結びつきがあります。
理論だけでなく、実際の実践を通じての体験も含め、多角的にそのスキルや知識を理解しようとする姿勢が生まれます。

さらに、他人に教えるという想像を持つことで、自分の理解の不足や疑問点が明確になり、それを解消するための学びを追求する姿勢が自然と育まれます。
結果として、この「教えるつもりで学ぶ」というアプローチは、単に学ぶだけでなく、自分の中でそのスキルや知識を深く、そしてしっかりと身につけるための強力な手段となるのです。

PR

仕事やビジネスにおける応用「シェアする意識」でのタスクの効果的な進め方

「後でこの経験をシェアする」意識

ビジネスや仕事の場では、常に新しいタスクやプロジェクトが待っています。
これらの業務を進める際、自分が得た経験や知識を後でチームや仲間とシェアするつもりで取り組むと、その質は格段に上がります。

なぜなら、他人に伝えることを意識することで、自分のタスクに対する理解を深めるための質問を自分自身に投げかけるようになります。
例えば、「この方法が最も効果的なのはなぜか?」「このプロジェクトの真の目的は何か?」といった、根本的な問いを自分に投げかけることで、目の前のタスクをより深いレベルで理解することができます。

効果的な仕事の進め方へのシフト

また、この「シェアする意識」を持つことで、単にタスクを消化するのではなく、その背後にある目的や意味を考える姿勢が育まれます。
これにより、仕事のプロセス自体が効果的になり、結果としてタスクのクオリティも向上します。

さらに、後で他人とシェアすることを考えることで、自然とドキュメンテーションや情報の整理も行いやすくなります。
これは、後で同じようなタスクを行う際の参考資料として、または新人教育の際の資料として非常に価値があります。

結果として、この「シェアする意識」を持って仕事に取り組むことで、自分自身の成果はもちろん、チーム全体の生産性や効率も大幅に向上することが期待できるのです。

「覚えたて」の時の大切さ

新しいことを学ぶ時、最も興奮するのは「覚えたて」の瞬間ではないでしょうか。
新しい情報やスキルを手に入れた直後のその「生の感覚」は、とても貴重なものです。
何故なら、その時期には学びの喜びや驚きがまだ鮮明に残っているからです。

この鮮明な感覚を持っている間が、実は他人にその知識やスキルを最も伝えやすい時期です。
初学者の目線での説明は、同じように学ぼうとしている人にとって非常にわかりやすいものとなります。

また、「覚えたて」の時は、まだ情報が整理されていない生の状態であるため、自分の中で深く考え、理解するチャンスでもあります。
他人に教えることを意識することで、より深いレベルでの理解を追求する動機となるのです。

この「覚えたて」の貴重な時期を最大限に活用し、新しい学びを深め、周りの人々とも共有する。
これが、一人一人の成長を加速させる秘訣なのかもしれませんね。

まとめ

アウトプットする意識でインプットする。
このシンプルな考え方が、学びを深め、知識を定着させる鍵です。

今日から、新しいことを学んだ時、それを誰かに教えるつもりで取り組んでみてください。
そして、その効果を実感してみてください。
あなたの学びの旅が、更に有意義で楽しいものとなることを願っています!

-学ぶ, 読書など